A Confession of a ROCK DRUMMER

KenKenという太鼓叩きの独り言。

Statement : Half House breakup

 

 

 

 

Half Houseが先日解散を発表しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解散について、公式発表の文章から追加で私が言及する事は特にありません。

 

 

ただ、本当に解散するなんて思ってもいなかった、というのはあります。

 

 

 

 

 

 

解散が決まった直後は、ただただ"悔しい"以外の感情がありませんでした。

 

 

 

このバンドでやりたい事が、見たい景色が、叶えたい夢がたくさんあったのに。

 

ようやく、それら全てを具現化出来る環境を手に入れたと思ったのに。

 

全て無に帰してしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発表から3日経って、ようやく現実を受け入れられるようになってきました。

 

 

 

バンドも結局は人が作るモノ。

あらゆる面で難しいのは当たり前であって…。

 

 

 

 

 

もうHalf Houseとしては一緒に活動できなくなってしまうけど、メンバーはみんな大切な友人です。

 

 

 

彼等全員の、今後の活動の発展を心から祈っています。

だって、音楽取ったら何も残らないような連中しかいないんだから。笑

 

 

 

 

 

私はというと、

 

 

 

 

まぁ何かしらで音楽はこれからも続けたいとは思っていますけれども、

 

 

 

 

具体的にこれから何するか、何しようかなどは

特に決まってないです。

 

 

 

どうしよっかな、マジで笑

 

 

 

 

 

ただ、解散決定直後の何も見えない、無気力状態はとりあえず脱して、少なくともベクトルは前を向いています。

 

 

 

 

何か決まれば、ご報告させて頂きます。

 

 

 

 

 

Half Houseのドラマーとしてお世話になった全ての方には、感謝しかありません。

 

 

今までありがとうございました。

 

 

今後も何かしらの縁で、繋がっていければ嬉しいなと思います。

 

 

 

 

 

 

f:id:kenken_drummer:20200223081544j:image

 

 

さぁて。

また歩き出すかしゃーない。