A Confession of a ROCK DRUMMER

KenKenという太鼓叩きの独り言。

あと3ヶ月で今年終わりますよ(小並感)

 

 

 

 

えっ、今これ書き始めようとしたら後ろからめっちゃ人の息の音聞こえたんだけど。

えっ怖っ。夏終わったんだからオバケはあっち帰ってよ(どっち?)

 

 

 

霊感無いはずなんだがなぁ…

気のせいであって欲しいもんだ。

 

 

 

 

 

 

 

…えっと、何書こうとしたか忘れた。

 

 

 

 

 

とりあえず一旦気を落ち着かせたいから、9月に久々に食べた中本の写真を上げておこう。

 

 

f:id:kenken_drummer:20181004012928j:image

(ちなみに10段階中6の辛さ。勿論汗だくになった)

 

 

 

うわ、見てるだけで汗かいてきそう。

 

 

 

 

 

 

 

9月も終わってしまった。

 

 

なかなかに、いや相当に濃い1ヶ月だった。

 

 

人生で一番濃いかもしれないレベル。

 

 

 

 

気付いたら9月、合計7本ライブやってました。

 

 

そら濃くもなるか。笑

 

 

 

 

 

 

f:id:kenken_drummer:20181004014636j:image

 

(Live at VARON Shinsaibashiphoto by Azarashi)

 

 

 

 

今はひとまず、踏みっぱなしだったアクセルを一回緩めて、慣性でコロコロしてる感じ。

 

 

そろそろ、もう1回アクセル踏むタイミング。

 

 

f:id:kenken_drummer:20181004015046j:image
f:id:kenken_drummer:20181004015050j:image

 

次のライブは10月8日(月)

Ailiph Doepa主催のサーキットイベントに乗り込みます。

 

比較的ゴリッゴリッな音を出すバンドさんが多そう?な中、Half Houseはどストレートなポップパンクで勝負を掛けます。

 

 

目には目を、で勝負するのはそんなに好きではありません。

 

火には水をかけ、

水には大量の砂と岩をかけ、

砂と岩には風を浴びせます。

 

 

 

 

 

猛者が揃う中、自分のドラムがどこまで通じるのか。

 

 

挑戦です。

 

 

 

 

f:id:kenken_drummer:20181004020602j:image


f:id:kenken_drummer:20181004020558j:image

(Half House Live at SCIENCE Shinjuku. photo by Ryuichi Murakami)

 

 

今は、有難い事に、心強い仲間がいっぱいいます。

 

 

その信頼に、応えなくては。

 

 

 

 

f:id:kenken_drummer:20181004020821j:image